読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノバク・ジョコビッチが世界一のテニス選手になった理由。才能と努力だけで一番になれない。

ノバク・ジョコビッチが世界一のテニス選手になった理由。

 

ジョコビッチはビッグ4と呼ばれているが、以前はフェデラーとナダルという2強との差が大きかった。

 

じゃあ何故に彼らに急激に追いつき追い越したのか。それが食事管理。1000分の数秒で大違いのプロテニスにおいてそれが必要だった。

 

グルテンを含む小麦粉を中心とした食事を摂らないようにした。パン、麺、ケーキ、マフィン、ドーナッツ、シリアル、ビール、麦芽を含むアルコール飲料、ソーセージなどの加工肉、加工チーズ、調味料、フライドポテト、クッキーなどなど。

 

グルテンはほんの少し体内にいれるだけで小腸の炎症を引き起こすらしく肥満、痙攣、下痢、疲労、肌の吹き出物。貧血、骨粗しょう症、栄養失調などにつながることもある。

 

いかに努力しても、いかに天才であっても、プラスした何かがないとダントツ選手にはなれない実例です。

 

ジョコビッチ曰く、ゆっくり、意識して食べよ。禅みたい。

 

う〜ん私のようなおデブちゃん共通の早食いをなんとかしなきゃ。

 

詳細はジョコビッチの生まれ変わる食事という本をご覧ください。