金沢市議会議員選挙。前回よりも票が減った人がたくさん。

金沢市議会議員選挙投票率も低かったですが、ものすごく票を落としている人がたくさんいますね。元国会議員の田中美絵子さん&新人なのに自民党ダントツ1位の荒木博文さん旋風!?

金沢市か石川県。パルクールや公共のスカッシュコート、パデルとか新しいスポーツができるところ、小さい子供がもっと遊べる場所の拡充をお願いしたい。これは富山県に大きく離されすぎな分野ですね。

ちなみに鳥取県が移り住みたい田舎ナンバー1。すごく新しい移住者に対して就職支援や子育てしやすい政策をとっています。

金沢市議会議員選挙2019/4/21

田中 美絵子 0 → 10,632(+10,632)
小林 誠 4,368 → 4,529(+161)
荒木 博文 0 → 4,140(+4,140)スカッシュ仲間
森 一敏 4,491 → 3,968(-523)
下沢 広伸 4,502 → 3,848(-654)
広田 美代  4,202 → 3,822(-380)
玉野 道 4,515 → 3,805(-710)
小間井 大祐 4,570 → 3,768(-802)
秋島 太 3,812 → 3,726(-86)
喜多 浩一 4,236 → 3,714(-522)
喜成 清恵 0 → 3,617(+3,617)
高村 佳伸 3,745 → 3,562(-183)
源野 和清 3,047 → 3,467(+420)
清水 邦彦 3,194 → 3,306(+112)
上田 雅大 3,056 → 3,292(+236)
山本 由起子 3,564 → 3,238(-326)
新谷 博範 0 → 3,153(+3,153)
上原 慶子 0 → 3,131(+3,131)
福田 太郎 3,024 → 3,096(+72)
久保 洋子 3,654 → 3,047(-607)
前 誠一 3,309 → 3,035(-274)
稲端 明浩 0 → 3,025(+3,025)
高 誠 3,177 → 3,007(-170)
野本 正人 2,846 → 2,913(+67)
澤飯 英樹 3,784 → 2,907(-877)
坂本 泰広 3,372 → 2,899(-433)
熊野 盛夫 2,804 → 2,890(+86)はとこ
高岩 勝人 3,078 → 2,783(-295)
黒沢 和規 3,216 → 2,686(-530)
中西 利雄 3,315 → 2,638(-677)
横越 徹 3,768 → 2,600(-1,168)
中川 俊一 2,982 → 2,598(-384)
粟森 慨 2,645 → 2,574(-71)
松村 理治 3,345 → 2,525(-820)
麦田 徹 3,195 → 2,486(-709)
宮崎 雅人 2,748 → 2,432(-316)
森尾 嘉昭 3,018 → 2,405(-613)
大桑 初枝 3,191 → 2,290(-901)
村田 茂 0 → 1,412(+1.412)
北 幸栽 0 → 1,258(+1,258)
松井 隆 2,870 → 1,167(-1,703)
土倉 勇馬 0 →  999(+999)
上端 秀夫 0 →  340(+340)

10億人以上の見込み観光客。日本は経済大国復活!

10億人以上の見込み観光客。

 

ファクトフルネスという本を読んで、今は中東やアフリカからの移民問題が話題ですが、そのエリアの人+インド人が世界中で観光客に変わっていくのも10年後、20年後には当たり前なのだと認識しました。

 

世界ではレベル1の貧困層はすでに少なく、レベル2、レベル3が中心。先進国並みのレベル4も今後増えていくようです。

 

レベル4の生活の人が増えれば、欧米、日本など先進国で少子化になるのは実証済み。

 

現在76億人の世界人口は110億人〜120億人ぐらいまでで増加が止まる。子供は増えないが、出生が多い時の大人が増えるため。

 

欧州、日本の京都での観光客が多すぎ問題。金沢でも少しそうなっています。

 

観光客が今の数倍になると思うと日本は経済大国復活!&住民生活大変!が重なりそうです。

 

明らかに世界は中間層が増え、新興国は先進国並みに。

 

世界中の人が昔の日本人のように豊かな生活を送りたいと努力してますね。

 

諸行無常です。

 

では良い1日を。

緊張を和らげる方法

スカッシュに限ったことではないですが、スポーツの試合前や発表会などは緊張したりします。
 
緊張し過ぎだなと思ったら、力こぶを作ってみる。ボディービルダーみたいなイメージで!
 
力こぶに集中することで緊張感が減ります。
 
ぬるい水をゆっくり飲むのもいいかもです。
 
スカッシュだと相手が実力的に上回っていても、大したことないと頭の中で繰り返すのもいいかも!?
 
速い球も大したことないと思うことで筋肉がリラックスしてるぶん打てたりします。
 
緊張したなと思ったらちょっとやってみてください。

スカッシュにもダイエットにも役立つウォーキングと呼吸方法。

今日はスカッシュにも日常にも役立つウォーキングと呼吸について書いてみようと思います。
 
パソコン&スマホ世代だと猫背気味になりやすい。猫背だとスカッシュでも前かがみになりすぎるかもしれません。
 
だらだらウォーキングはほとんどダイエットに効果なし。筋肉もつきません。
 
歩くときは内股が触れるぐらいな感じで、おへそから足が分かれるイメージで大股を意識する。大事なのは胸、わき、肩が空からまっすぐに吊られている感じを意識する。
 
それから、気付いたときは逆腹式呼吸。鼻から息を吸ったときはお腹を引っ込める。口から息をはくときはお腹を膨らませる。そうすれば下腹に勝手に力が入ると思います。
 
先日書いた、手の小指と中指ををギュッと握るとさらに効果的!!!
 
腹式呼吸と胸辺りを天井からまっすぐに吊られるイメージで歩く。これで背筋がピンとしたちょっとモデルさんぽい立ち姿になると思います。
 
普通に歩いて、普通に呼吸するよりも、見た目も良く体感も強くなって、痩せやすい体に。
 
やっているうちに習慣になって、無意識にいい感じになると思います。
 
次回は、スカッシュの試合前など緊張を取る方法を書きたいと思います。

ダイエットもできてスカッシュも上手くなる!?

スカッシュダイエット2。今日はダイエット効果もあって、なおかつスカッシュも上手くなるトレーニング。
 
ランジ
背筋をピンと伸ばして、片方の足を前に出す。左右やる。
 
リバースランジ
背筋をピンと伸ばして、片方の足を後ろに出す。左右やる。
 
ランジをしているときに前に出ている側の脚と同じ側の手のひらを反対側の肩に当てる(肩が入る状態)。左右。
 
背筋がピンとなった状態が前提ですが、ランジで片足の膝が床ギリギリまで下がれば下がるほど負荷が大きくなります。
 
ちゃんとできれば、腰と目線が下がるので、スカッシュでもコーチからボールに近づきすぎているよ!という言葉はなくなるでしょう。
 
また、反対側の肩に手を置くことで手打ち防止にもなります。
 
上手な人の特徴はしっかりとした基礎が無意識にできるまでになっている。初中級者はボールに近い。手打ち。打つときに頭が早く動くなどあるのだろうと思います。
 
ランジをしっかりして、背筋ピンで腰や目線を下げる。肩が入って手打ちをしない。ボールがラケットに当たるまで頭を動かさない。
 
これだけでも、そこそこスカッシュが上手くなると思います。基礎ができているなら、あとはトレーニングをすれば加速度的に強くもなると思います。

スカッシュダイエットの補足記事。

昨日のスカッシュダイエットの記事の続きを書いてみましょう。
 
捻りながら体を止めて息を口から長くはいてみる。
 
呼吸については7秒はくでなくても、吸う時間の2倍の秒数をはくでもいいです。
 
健康に良いなら4秒鼻から吸って、4秒息を止めて、8秒かけて口からはくでもいいです。
 
体を捻るだけでも効果があると思いますが、もう一つ付け加えれば小指と中指をぎゅっと握ってみる。
 
体感が強くなり、お腹に力が入りやすい。やっているときにお腹にフォーカスするとなおいいですね。
 
小指と中指をぎゅっと握ってみるはスカッシュをするときはしなくていいですが、スカッシュダイエットをするときには効果的です。
 
便秘気味で太ることもあるので、トイレで小指と中指をぎゅっと握ってみると便も出やすいのでそちらもお試しください。
 
それではまた!!!

スカッシュ(ラケット競技)ダイエットでスカッシュ(ラケット競技)が上手くなる。ダイエットもできる。

スカッシュ(ラケット競技)ダイエット


年末年始で少し太った人が多いと思います。

 

今までにあまりないダイエットを自分の為に考案してみました。

 

スカッシュダイエット!やり方は色々考えられそうですが、貴乃花のシコダイエットのように仙骨を立てて腰を下ろす。

 

ラケット運動はねじり運動。特にラケット競技は上手な人ほど下半身がしっかり落ちて、ひねり戻しが大きい。

 

スカッシュダイエット1。ラケットを持って、これ以上ひねれないところまでテイクバック。体を止めて7秒息をゆっくり口から吐きながら維持。

 

息を吸ってから反対側にフォロースルー。これ以上捻られないところでストップ。そこでも7秒息を吐きながら体を止めて維持。

 

それを10往復。1日3セット。

 

ほらもう汗も額に滲んできたと思います。

 

それぞれのラケット競技のトッププロ選手並みに腰が落ちてくれば、自然とスカッシュ(ラケット競技も)が上達していること間違いなし。

 

食事を好きなだけとりたいなら、NHK筋肉体操のように、自分を甘やかさないことが大事なのだろうと思います。

 

エスト細くなった。下半身に筋肉がついた。ひねり戻しと下半身強化で、力を入れなくても簡単にボールが強く跳んでいく。実感できるはずです。